長崎市を中心としたケータリング。出張料理。

2014年9月23日火曜日



今日は夕方まで田んぼの仕事と山の畑で作業。無心で農作業をやるのはとても気持ちが良くて、一種の瞑想状態になります。そんな心地よい状態のまま雪の浦の桑迫賢太郎邸ことヴァン・ゴッホカフェで行われた青木隼人氏のギターソロのライブに行ってきました。

子供の頃、なかなか寝付かない僕に母親が読み聞かせをしてくれた絵本のストーリー、母の柔らかな声のトーン。夜のしじまをそっと揺らす声の響き。

おもちゃ箱の中に置きわすれてしまった世界観。

青木隼人氏の繰る旋律にはそんな子供の頃に感じた、護られるような優しさに満ちた世界がありました。

あまりにライブの内容と桑迫邸のロケーションが良すぎてCD二枚買っちゃいました。笑   

充実した今日一日に感謝です。





Powered by Blogger.